« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

新殿堂CS

新制限の新殿堂CS参加してきました〰

使用 ドロマー

参加人数 50人ぐらい

大会形式 予選マッチ4回戦で上位16名が決勝トーナメント進出

1回戦 Nエクス

1セット目
ハンデスするも順調にNまで繋げられ、タワーを挟みデル・フィンで詰み

2セット目
ハンデスとヴォルグでデッキを削っていくも、Nを引かれてデル・フィン
この時点で回答無かったけど、マナが7で小型並んでたから「ザビ・ミラ!」って思いながら引くとトップザビ・ミラw
叩きつけてヴォルグで勝ち

3セット目
この試合は順調にハンデス→ヴォルグ連打っていけてザビ・ミラ
ヴォルグで勝ち

×○○

2回戦 ネクラ

正直ネクラは10回やったら9回は勝てる自信あったので省略
ハンデスしてベルリン出てきたらヴィネスで破壊してヴォルグ出すだけです

○○

3回戦 Λビート(同盟長PG)

1セット目
相手が先攻4ターン鬼丸スタート(笑)
大事故で流石にスピード間に合って勝ち

2セット目
記憶喪失・・・
ハンデスできずに相手先攻だから解体も間に合わなくてΛにゴリ押されたんだっけな?
多分無難な負け方すぎて覚えてない

3セット目
ハンデスでΛ2枚落としたから大丈夫だと思ったら、出てくる3枚目のΛ・・・
ガンヴィートで対処するも、ミランダから4つ牙
じり貧になってトップからダメ押しシューティング
負け

○××

4回戦 シロガシラ・ジュライ

1セット目
ハンデス連打で動き縛ってヴォルグ連打。
ザビ・ミラで勝ち

2セット目
ハンデスするもマナ爆誕とマーシャルタッチが強くて手札が枯れずにブーストされる
8マナからシロガシラ・ジュライで大量展開からキリモミ・スラッシュ
負け

3セット目
ギフトから4ターンジュカイ
そしたらマナにヒッポがいっぱい落ちて大量展開
返しにディアスとシャドウでワンチャン狙うも、再び展開からキリモミ・スラッシュで負け

○××

結果2ー2で予選落ちのゴミでした

一週間頑張って調整して、東海CS頑張ります

| | コメント (1)

2012年2月13日 (月)

開催告知。デュエルマスターズ新殿堂CUP

2月25日に愛知県でDMのCSが開催されます。詳しくは以下のサイトで

http://shindenndou.blog.fc2.com/

告知だけですが終わります

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

今更ながら殿堂予想

DM公式ページに4枚の禁止、もしくは制限カードとなって皆さん、様々な予想をしてますね

ブログ放置しすぎだし、折角なんで他の人に便乗して個人的な殿堂予想してみました

予想

禁止
エンペラー・キリコ、紋章、Mロマノフ

制限
ヴォルグ・サンダー

・エンペラー・キリコ
多分一番皆が予想してるカードで、ほぼ確定と祈っている
カードパワーが異常だし、日本一決定戦ではレギュラークラスの8人中6人がキリコという固まり具合
詳しく書く必要無いんじゃないかな

・紋章
同じくパワーぶっ壊れカード
キリコが禁止ならキリコ回転は無くなるものの、ザビ・ミラ等を出し直すことが非常に強い
長い間活躍してキリコデッキでも活躍したし、一緒にお疲れ様ってことで

Mロマノフ
これも制限になってもデッキタイプが成り立つ程のカードパワーと優秀なサーチカードがあるカード
超次元呪文が出てから更に強力になり、前の殿堂でなぜかからなかったのかと、個人的に思っているカード

ヴォルグ・サンダー
まだ発売して時期尚早といった意見があるけど、タカラトミーはデッキアウトに厳しいからと思って、制限予想
裁定が変更されなければゾルゲループが猛威を奮うと思うし、ビートダウンを推奨するのにデッキアウトで決着ってのはよろしくないんじゃないかな〰と

以上4種が一応予想だけど、上から順に自信持ってる順でw
他にはバジュラとハヤブサマルの禁止がありそうかな〰
バジュラはエクスのおかげで簡単に出るようになったし、ハヤブサマルは対ビートに対する防御力が格段に上がるし、コントロールにおける汎用性の問題で

追記
Nとエクスを予想しないのは主にパックの売上に貢献してると思うってのが大きいです

エクスが特に出たばっかで、キリコがいなければエクスもそこまで壊れてないかな〰と

Nは強いことは強いけど、自分が一方的にアド取ってる訳じゃないし、Nが制限になっちゃうとハンデスコンが強くなりますからね。それはタカラトミーも望んでないハズ

出たばっかだったらヴォルグサンダーもかからないんじゃ?って感じですけど、そこはそれだけタカラトミーがデッキアウトに厳しいってことで

文章力の問題で思ってること上手く書けなかったけど、以上です(笑)

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »